あおぞら幼稚園 写真

最新情報

サマースクール

夏休みのお楽しみと言えば「サマースクール」。

終業式が終わってもすぐに夏休みといかないところが、北京あおぞら幼稚園の醍醐味。

毎年様々な内容で通常保育ではできない活動を、3日間を通して行おうという企画。在園児だけでなく、北京あおぞら幼稚園の卒園生やこの活動に興味のある小学生たちも参加し、懐かしい顔ぶれに先生たちは顔がほころんでおりました。

この活動は年少もも組、年々少つぼみ組と小学生、年長さくら、年中ばらに分かれて行います。
年少もも組、年々少つぼみ組の3日間はビニールプールでの水遊びやクッキー作りなど、日ごろできない活動に大はしゃぎでした。

小学生、年長さくら、年中ばらの1日目は、北京あおぞら幼稚園の卒園生のお父さまが「科学実験」をしてくださいました。
電話の不思議ということで、今回は糸電話。糸電話は声を出すとその声が震えて糸に伝わるため、糸の先にいる相手に声が伝わるという仕組みなのです。

では、2人なら?5人なら?10人以上でも声は伝わるの?糸が緩んでいたり、複雑に絡み合っていては声は届かなかったけれども、10人以上でも声は届くといういうことが分かり、みんないつまでもいつまでも糸電話のお話しに花が咲いておりました。

サマースクール

サマースクール

小学生、年長さくら、年中ばらの2日目は、「草木染め」。身の回りにある木の実や葉っぱで、白い布に柄模様をつけるという伝統的な染めの技術を、北京あおぞら幼稚園の園長がおこないました。

染めたい布を子どもたちが持参し、横線や丸など、染めたい柄にするべく輪ゴムでしっかり止める。今回は、桑の実と葉っぱを使用しました。きれいに洗い、お湯でぐつぐつ煮出す。煮たったところに輪ゴムでしっかり止めた布を投入。
30分くらい煮た後は、「鉄媒染(てつばいせん)」という色落ちしないようにお酢に鉄たわしをつけたものを入れ、そのまま数時間おいた後、輪ゴムを取って脱水すれば、きれいな柄の入った草木染めの完成となるのです。

少し薄かった子、思い通りの柄になった子、思いがけない柄にびっくりながらも気に入った子。自然のものから作り上げる楽しさを実感したことでしょう。

サマースクール

そして2日目のお昼は、即席!?そうめん流しを行いました。いつ流れてくるか分からないそうめんに狙いを定めて、、、キャッチ!!

サマースクール

年少もも組、年々少つぼみ組も器用にお箸を使い、上手に食べていましたよ。

サマースクール

サマースクール

小学生、年長さくら、年中ばらの3日目は「アイスクリーム作り」。空き缶の中に牛乳を半分入れ、氷の中に空き缶を置く。そして割りばしでひたすら混ぜる、混ぜる、混ぜる!!!15分くらいすれば、シャーベットのようなアイスクリームの完成。簡単だけど地味な作業に、みんな「手が痛い~」といいながら混ぜ混ぜ。しかし、混ぜるだけでアイスクリームになる原理にみんな不思議そうでした。

サマースクール

夏休みだからできるお楽しみに、みんな終始貪欲に取り組んでいました。この体験が今後の勉学に生かされればいいなぁ。楽しみながら、おしゃべりしながら、気が付けば知識も得る。まさに一石二鳥。更田(ふけた)パパ、あおぞら幼稚園の保護者の方、そしてあおぞら幼稚園の先生が一致団結で無事終了できたことに、心から感謝感謝です^^

さくら組担任 今井依子

東苑夏祭り

7月9日(土)は、このあおぞら幼稚園のある『東苑公寓』で、盛大な夏祭りが開催されました。幕開けは子どもたちによる「おばQおんど」。きゅっきゅ、きゅっきゅ、浴衣や甚平姿の子どもたちが堂々と披露しました。

東苑夏祭り

そして、年長さくら組の有志ママたちによる「ジンギスカン」と有志パパによる「ニンニンジャー」のダンス。数少ない練習日程で、ママちゃんやパパちゃんが頑張ってくださいました。ママちゃんは2日間、パパちゃんに至っては当日30分の練習で完成しました。
さすがは海外赴任のパパちゃんたち、仕事が早い!!

東苑夏祭り

東苑夏祭り

たくさんの屋台と子どもたちが大好きなゲームの数々に、子どもたちはもちろん、大人たちも楽しいひとときを過ごしました。

東苑夏祭り

東苑夏祭り

あおぞら幼稚園の先生たちは、子どもたちのゲームのお手伝い。

子どもたちの楽しそうな顔を見ると、お手伝いできることに心から感謝ですね!!

東苑夏祭り

さくら組担任 今井

お泊り保育

7月1日(金)の夕刻から2日(土)の早朝にかけ、年長さくら組はお泊り保育をしました。

例年、年中のばら組さんと共に夕食をし、そのあとのお楽しみ会を楽しんでいるので、今年も例年通り。夕食のメニューはさくら組が考えました。今年のメニューは、おにぎりとから揚げとサラダとフルーツパフェ?

7月1日の当日の保育時間に、さくら組は夕食の食材を洗ったり切ったり、下準備をしました。もちろん、おにぎりだって握っちゃうんだから。から揚げは幼稚園のある東苑公寓の中華料理の料理人さんが、プロ仕様で揚げてくれました。プロ仕様なので、カラッとじゅわ~と揚がっていて、美味しそぅ~。

お泊り保育

お泊り保育

夕食の用意ができたら、みんなでいっただきまぁ~す。2升用意したお米はおにぎりになると食が進みますね。それに子どもたちの大好きなから揚げとくりゃ・・・フルーツののったアイスまで、子どもたちはみんなキレイに食べてしまいました。

お泊り保育

お泊り保育

夕食のあとはお楽しみ会。今年は丹野園長ともも組の後藤先生による「手品」。割れないふうせん、こぼれないバケツの水、破った形が元通り、振ると色がつく水。さくらやばら組の子どもたちの参加型手品に、みんな大喜び。時間はアッという間に過ぎました。

お泊り保育

お泊り保育

21時の就寝前、子どもたちはもうネムネムモード。電気を消したらすぐにグースカピーと寝てしまいました。寂しくて泣く子や寝られなくてグズる子がいなくて、ビックリ。まぁ、寝相はあんまり良いとは言えないけどね^^

お泊り保育

担任としては、問題なく無事に終了することが出来て、ホントに心からホッとしているのです。保護者の方のご協力はもちろん、先生方も子どもたちが心から楽しめるように演出してくださっていました。ホントにホントに感謝です。

あぁ~、楽しかった!!

さくら組担任 今井依子